エンジニア系企業で感じるギャップは?

ITのエンジニアとして実際に働いた際、実際にイメージしていたのとは違ったなんてこともあるかもしれません。
特に企業に就職する前にイメージだけで入社を決めてしまうと後で後悔することも少なくありません。

そこでシステム開発などのエンジニアとして働く前に、実際の仕事とイメージのギャップを埋める必要がありますね。
特に今までエンジニアとして未経験の人ならなおさらです。
未経験者なら、特に扱うプログラミングに対して注意をしておく必要があります。
プログラミングとはパソコンのシステム開発で使用されるパソコン言語を打ち込んでいく作業のことを言います。
こういったパソコンのシステムや仕組みについて抵抗なく学んでいくことができなければ、仕事に就いた際に苦労することになります。

また、転職する方でも企業によって取り扱うプログラミング言語は異なります。
C言語を今まで扱っていた人がC++などの発展言語を扱うことには抵抗がないかもしれませんが、他にもrubbyやjava、Cobolなど多様の言語が使われています。なので、企業に就職する際はそういった教育研修にどれだけ力を入れているのか、あるいは社員が独学したり、実際に働きながら教えてもらうのかなど、教育制度や社風についても調べておく必要がありますね。

また、業種においてもWEB開発や業務システム導入などでは日々の業務も必然と変わってきます。
会社説明会や面接では、入社後の働き方や会社の雰囲気などの具体的な話を聞いて置く必要がありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です